Generic Levitra - ジェネリック・レビトラ

ジェネリック・レビトラ
ジェネリック・レビトラはED治療薬レビトラのジェネリック版でedの症状がある方に使用されているED治療薬です。ジェネリック・レビトラはレビトラにも使用されているバルデナフィルで作られており、ジェネリックレビトラの販売数は海外ではレビトラよりも人気の商品となっております。
数量 成分含有量 数量 通常価格 「ショップED」価格 ボーナス カートに入れる
10錠 20mg 10 12,010円 9,610円
15錠 20mg 15 17,410円 13,930円
20錠 20mg 20 20,110円 16,090円
30錠 20mg 30 26,860円 21,490円
特別ボーナス!
30錠 に
+ 3 錠
を無料!!
50錠 20mg 50 37,660円 30,130円
特別ボーナス!
50錠 に
+ 5 錠
を無料!!
60錠 20mg 60 43,060円 34,450円
特別ボーナス!
60錠 に
+ 6 錠
を無料!!

ジェネリックレビトラ

(注意:写真はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。)


成分
塩酸バルデナフィル

使用目的
ジェネリック・レビトラは、ED(勃起不全症)の改善を目的とした治療薬です。性的な興奮や刺激を受けても勃起を得ることができない、勃起を得ることが困難な男性に効果的です。性交の前に服用することで、性的な刺激を受けた際の勃起反応を延長、硬度の増加が期待できます。また、ジェネリックレビトラは直接的な興奮作用や勃起効果がある薬ではありません。服用後に効果を得るためには性的な刺激や興奮を受ける必要があります。射精後は、勃起状態は解消されます。
ご使用にあたっては、薬剤師や医師の説明を受け、用法容量に忠実に自己責任にてご使用ください。健常男性や女性はご使用になれませんので、ご注意ください。

効果・効能
ジェネリック・レビトラは、有効成分バルデナフィルから構成されています。この成分は、バイアグラと同様に勃起不全症の原因因子をブロックする働きを持っています。原因因子(ホスホジエステラーゼ-5)への選択性がバイアグラよりも高いことから、バイアグラで期待される効果が得られなかった人や、満足できなかった方に有効であることが報告されており、注目を集めました。また、長期の服用でも安定した効き目が期待できることも人気のひとつです。服用後25分程度で効果が得られ、最長5時間ほど持続します。バイアグラに比べて、短時間で効果が得られるという報告があります。
レビトラは、ほかのED治療薬よりも併用できない薬が多いことが知られています。しかし、アメリカやカナダの学会において、前立腺がんの手術後や糖尿病によるED患者においても効果が期待できることが報告されています。

使用方法・注意事項
服用は、性交の25分から1時間前に10mgをお水とともにお飲みください。場合によっては20mgまで増量できます。レビトラは、比較的アルコールに影響されないED治療薬(他のED治療薬が飲酒後使用できない)として知られています。しかし、限度量を超えたアルコールの摂取後、または満腹時の服用は避けてください。またジェネリックレビトラを使用する際は、医師・薬剤師から説明を受け、使用方法や性質を理解したうえで、自己責任にてご利用ください。
服用間隔は最短でも24時間(1日一回)です。過剰に追加服用することのないように用法・容量に忠実にご使用ください。

  • 次の内容に該当する方のレビトラのご使用は危険です。使用前に医師にご相談ください。

不整脈、低血圧または高血圧症、心臓病の持病をお持ちの方、また肝臓障害、末期腎不全患者、不安定狭心症、遺伝性網膜変性症の既往歴のある方 。
ニトログリセリン系の薬、心臓病の治療薬を服用している方、レビトラの成分:バルデナフィルにアレルギーをお持ちの方。

  • 次に該当する方は、ご使用になる前に必ず医師にご相談ください。

鎌状赤血球貧血、骨髄がん、白血病、腎臓、肝臓に疾患のある方。また、性行為は心臓に負担をかけます。心臓にリスクをお持ちの方は、ED治療薬をご使用になる前に必ず医師にご相談ください。

  • 次の症状をお持ちの方は性行為自体が危険なためご使用になれません。

重度心臓病や脳卒中、極度の低血圧や未管理の高血圧など

  • またグレープフルーツやグレープフルーツ・ジュースを摂取した後に「ビットリア」を服用すると、血中濃度が上がり危険ですのでおやめください。異なるED治療薬でも同時に服用することはとても危険です。過剰摂取となることがありますので、ED治療薬の服用は1日1つを厳守してください。健康状態に不安がある方や、服用中の薬がある方は、医師にご相談の上、使用の可否をご決断ください。

大変危険ですので心臓の薬や、血圧の薬と併用することのないようにご注意ください。

副作用
レビトラの副作用の中で報告が多い症状は、頭痛とのぼせです。また一般的に見られる症状としては、眩暈、鼻水・鼻づまり、消化不良などが挙げられます。まれに光に敏感になることや視界が青みがかる、視覚異常が起こることがあります。また、ED治療薬を服用してから、勃起状態が4時間以上継続した場合は、緊急処置が必要ですので医師にご連絡ください。この症状は、持続勃起症といい、ペニスの組織に重篤なダメージを与えてしまう可能性があります。

  • 副作用については、上記の内容がすべてを網羅しているわけではありません。より詳細な副作用についての情報がほしい方は、近隣の薬局や医師にご相談ください。



併用禁忌

◆硝酸剤(飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレー)の商品名一覧
ニトラステープアイスラール錠20mg
アイロクール錠20mg
亜硝酸アミル ニトロール錠
ニトロール注5mg/50mg/100mg
山川イソニトール錠20
イソピットニトロシンパフイソモニット錠20mg
イブステン錠5
ニトロバイド錠5mgL-
ニトロフィックス5/10
ニ トロペン錠
ニプラノール点眼液コバインター錠5mg
コンスピット錠
バソレーターRB2.5サワドールL錠
サワドールテープ/SバソレーターテープジアセラL錠
フランドルシグマート注 2mg/12mg/48mg
ペネティISDNテープジドレンテープヘルツァーSシベラント錠 5mg
ホクスノールLカプセル硝酸イソソルビド錠(ツルハラ)
ミニトロテープステンベルガー錠5mg
ミリスロール注セラモンテ錠
メズサビド錠5
メディトランステープニコランジス錠2.5mg/5mg
ラブノールRカ プセルニコランマート錠
ニトソルビド注0.05%/0.1
アイトロール錠10mg/20mg
ニトルビン錠5
ニトロールRカプセル20mg
アパティアテープニトロールスプレーアンタップ/R
イソコロナールRカプセルニトログリセリン錠
ニトログリセリン注-ACC
ニトロスロー錠
ニトロダームTTSエスタット錠5mg
オーネスゲン錠
カリアント錠10
カリアントTPカプセルニトロラム冠動注用ミリスロール0.5mg/10ml
ハイパジールコーワ錠3/ 錠6
ハイパジールコーワ点眼液サークレス注0.05%/0.1%
バソレーター注5mg/注 50mg
バソレーター軟膏シグマート錠2.5mg/5mg
フランソルテープSシグランコート錠2.5mg/5mg
ヘルピニン-Rカプセルシルビノール錠5mg
ミオコールスプレー硝酸イソソルビドテープ [EMEC]
ミリステープスレンドミン錠
ミリスロールテープソプレロール錠 20mg
タイシロール錠20mg
メディトランスニトロニコランタ錠5
リファタックL錠
リファタックテープSニトプロ注リベラステープ

その他ビットリアの併用禁忌

◆内服の抗真菌薬(水虫などのカビによる感染症の治療薬)の商品名

イデノラートカプセル50mgイトラリール錠50/100
イトラコナゾール錠50/100「MEEK」
イトラコンカプセル50
イトリゾールカプセル50
イトラコネート錠50mg 
イコナゾンカプセル50
イトラートカプセル50
トラコナ錠50mg

併用することによりビットリア(塩酸バルデナフィル)の血中濃度が上昇することがあるため上記のお薬を服用している方にビットリアは服用いただけません。

◆抗不整脈薬の商品名

アジマリン錠「ヨウシン」
アミサリン注ファンミルカプセルアンカロン錠100
シベノール錠50mg/100mg
リスモダンP注ソタコール錠40mg/80mg
リゾラミドカプセルタイリンダーカプセル硫酸キニジン錠チヨバンカプセル/50mg硫酸キニジン錠「ホエイ」
「イセイ」ノルペースCR錠
ファン ミルR錠
リスピンジソピランカプセルリスピンR錠
シンビット静注用50mg
タイリンダーR錠
アジマリン錠50
アミサリン錠125mg/250mg
ジソピラR錠
シベノール注射液リスモダンカプ セル 50mg/100mg
ソピラート「カプセル」リゾラミドR錠
ピメノールカプセル50mg/100mg
ミコルテン R錠
リスモダンR錠150mg
リスラミドR錠
ノルペース 50mg/100mg硫酸キニジン「ホエイ」


併用することにより心臓の動きに異常をきたす可能性があるため上記のお薬を服用している方にビットリアは服用いただけません。

※ここに記述がなく、新しく発売された薬品については、お近くの医療機関で併用の安全性についてお尋ねください。

※そのほかにもビットリアとの併用の危険性 がはっきりしないものの、危険視されているものとして合法ドラッグと言うものがあります。現在若年層を中心に流行しておりますが、こちらの薬品とビットリアの併用も未知の副作用を危険視されています。

※上記は完全な併用禁忌のリストではありません。詳しくお知りになりたい場合はお近くの医師にご相談ください。

●ジェネリック医薬品について● 新薬が発売されますと製造元に一定期間の薬事特許が与えられます。特許期間中は別の製薬会社が同じ有効成分の薬品を製造することが禁止されます。個人輸入代行サービス取り扱いのジェネリック薬品とはこの特許期間の満了後、別のメーカーから出た同じ成分同じ効能の薬品をのことを言います。開発費が定価にのっていないため、先発品よりも価格が40%〜80%と安く発売されます。製品名や色形はメーカーごとで設定しますのでメーカー別でそれぞれ異なりますが、含有成分は同じで効用の方も同様です。 日本の医療現場では患者の負担が決して低くなく、これを軽減すべくジェネリック医薬品の普及に厚生省が乗り出し、広く知られるようになりました。呼称方法が特徴的で、製品名がメーカー数と同じだけあり、参入が多い製品は混乱が予想され、投薬ミスを未然に防ぐ目的で、成分名やジェネリック●●(純正品名)と呼ばれたりします。

 

ジェネリック・レビトラについてもっと詳しく

関連商品

レビトラ
レビトラ
13,930円 より~